一番信頼しているお友達と近場の温泉に行ってきました。

本当は温泉旅行!に行きたかったのですが、旅行とまでは行かなくて(時間もお金の余裕もなく)
私の親友とも呼べるお友達のお家にお泊まりしたついでに彼女宅のお風呂を利用するのではなく
せっかくだから地元では有名な温泉旅行に行ってまいりました。
なんとも気持ちのいい時間!広い温泉に浸かったり、ちょっと気分でサウナの中に入ってみたり、
そのあと水風呂にダイブしてみたり、あとはラベンダーなどハーブやいろんな効能を持った薬草などが浸かっている薬浴?と言うのでしょうか、
そんな浴槽の中に浸かって癒されてみたり、露天風呂の方に行ってみたり、ジャグジーのついた浴槽に浸かりマッサージ機でマッサージを受けている気持ちになったり…と
思いっきり二人で公衆浴場をめいっぱい堪能しました。
温泉あがりは、定番の自販機で美味しそうな瓶入りの牛乳を一気飲みして(友達はミックスジュースを購入)
はあ、なんて素敵な時間を過ごす事ができたのでしょう!また機会があれば二人で温泉に行きたいです。
今度は温泉旅行がいいな☆

これが終ってしまうとこれになってしまう人もいると言うが

昨日でゴールデンウイークが終わって今日から元の生活に戻りますが特に新入社員や学生にはこれになる人もいると言う。
それが「五月病」ですが慣れてきたらちょっと大変な事になるかも知れない。

と言うもの4月に入学や入社した人は慣れるのに大変だと思われてると言う事なる。
生活の環境が変わった事で慣れない所あった事で落ち込むこともあると言うがゴールデンウイークが始まるといろんなことをする人もいる。

この様にして趣味など連休中にしている人に比べて何もしない人もいるとこうした病気になると言う人もいる。
連休が終わる前日にはこうした憂鬱になる人もいる事で五月病になる人がいると言う事になる。

連休が終わって浮かれている人もいるかも知れないがここから仕事モードに入ると言う事になる。
仕事はいきなりは難しいと思っているかも知れないがまずはウォーミングアップも兼ねて簡単な所をするようにする。

仕事の順番も決めるのもいい事だと言うが次第に慣れてきたら行動も増やしていくものいいかも知れないと言う事になると言う。
これから仕事や物事などいろんな事をするかも知れないと言うがこうした五月病はだらけてしまうとこの様ななってしまう。

学ぶ事も仕事も同じなので引き締めて欲しいと思っているのです。

やっぱりお気に入りの洋服でも一年経つと気も変わる

せっかく買った高い洋服というのは、本当なら何年も着てあげたいけど、やはり1シーズンで役目を終えることが多いです。
でも、「なんだかもったいないな」なんて思ってしまって、いつまでもクローゼットにあったりするんですよね。
私の部屋にはそんな服たちでいっぱいになっています。
先日、さすがに部屋の中に物が多すぎるなと思って、久しぶりにごっそりと不要なものを捨てました。
その中で、いちばんボリュームがあったのが、そういった昔買った洋服たちです。
あれもこれも懐かしいと思いつつも、さすがにもう着ないだろうと思って、潔くゴミ袋の中に丸め込んでしまいました。
やはり、服装の流行や気分というのは毎年毎年変わってしまうものです。
定番アイテムのシャツやジャケットなんかは何シーズンか着ることができますが、ニットなんかはどうしても短命に終わってしまいます。
買ったときはかわいいと思って買ったのに、一年経ってしまえば「なんだか古めかしいデザイン」と思ってしまうことって多いですよね。
それに大切に着ているつもりでも、やはりくたっきたり、生地が傷んだ部分が目に付いてしまうものなのです。