人様の財産をあてにする人はヤバイと思った

私の夫の両親は裕福です。
でも、その財産を私が相続したいなどと思ったことはありません。
二人で世界一周や楽しい事をいっぱいして、使って欲しいと思いますし、もしも、二人が財産を後ほど全部、寄付に回したいとといってもそれもいい考えだと思います。
自分の両親は財産なんてなんにもなく亡くなってしまいましたが、もしも、あったとしても、それは全部私の物だと思うこともなかったと思います。
なんというか、両親とはいっても、自分で稼いでいないお金は私のものではないのです。
今は夫が稼いでいますが、夫が稼ぐお金すらも私は自分のものだと思うことはできません。
夫は夫婦のお金というのですが、何かでお金を使う時は夫に買ってもらっているという意識でいます。
私は自分で稼いだお金だけが自分のお金と感じていいるのですが、世の中には、人のお金を自分のお金だと思う人がいるんだなあとびっくりしました。
知り合いの女性が両親から新築の家を購入するんだそうです。
とはいっても、ものすごく安い値段で。
ご両親としては娘に家を残したいのでしょうね。
その際に、女性の夫が家の名義に自分の名前も入れろと要求してきたそうです。
私的には考えられません。
今後その男性と一生を共にするならいいですが、この先、何があるかわからないので、女性だけの名義がいいのではと思いました。金利が安いキャッシング

頼りになるのはやっぱり友人でありますよね

自分が使っているデスクトップパソコンの調子が悪く、なんだか故障しそうな感じがしたのでパソコン関係の専門知識と技術がある友人に相談したら、すぐに自宅に来てくれて対応してもらえたので凄く助かっています。今はデスクトップパソコンは完全に回復していて、正常に動作しつつ処理もしっかりとしているので安心して使用できる状態になっています。

デスクトップパソコンの不調となっていた原因についてはOSが入っているドライブのシステムフォルダーの中の重要なデータが破損していて、それが原因によってOSが起動しなくなったり、予期せぬエラーが起きたりしていたようで、予め作っておいたリカバリディスクを使い対応したらすぐに直す事ができたのでホッとしております。細かな部分までしっかりと調べていなかった自分がちょっとだけ恥ずかしかったですが、友人がすぐに原因を突き止めてくれたおかげで無駄な費用と時間をかけずに済む事ができました。