祖母の体調もだいぶ回復してきているため、ホッとしています

3月に入って祖母の体調があまりよろしくなく、診察を受けた病院からは少し安静にさせておいてくださいと言われているため、祖母がやっている家の事を自分が引き受けている感じとなっています。先週ぐらいは祖母の容体も良くなってきていて順調に回復しているため、今月中には体調は治りそうでありますが、またいつ体調不良を起こすか分からないので注意する必要もあります。

祖母はもともと血圧とコレステロールとかが引っかかっていて、病院から処方されている薬を服用しつつ、定期的い病院に診察を受けにいってる感じでありましたが、3月の初旬に吐き気がしつつ、目眩とふわふわするような症状が出ていると言われ、血圧を計測してみたら上が200を超えていたのですぐに看護師の叔母に連絡してきてもらい、対応してもらいました。祖母が服用している血圧の薬を2錠服用させ、少し落ち着いてから病院へ連れていき診療を受けたら落ち着きを取り戻した感じとなっています。

降圧剤の2錠服用については看護師の叔母が祖母のかかりつけ医の病院に連絡して許可をもらった感じとなっています。診療後は毎日血圧を測定しそのデータを病院に行く時にもっていかせるようにしています。

妊娠後期でみぞおちが痛み出したので主治医に相談しました

妊娠後期になり、2週間に1回の妊婦検査に行っています。

昨日、健診の時に「何か気になる点はありますか?出血とかはないですか?」と聞かれました。
「出血はないです」
「でも、みぞおちの辺りがキューっといたくなる事が多くなりましたね〜」と話したら、先生の顔色が変わりました。

先生が「そうですかぁ。ちょっと血液検査をしたいのですが、今日はお時間ありますか?」と聞いてきました。
先生の顔つきの変化にビビりながらも「はい。大丈夫ですが・・」と不安そうに答えました。

先生は、私が動揺したのを察知して、
「たぶん、妊娠後期でお腹が大きくなってきた分、胃が圧迫されて痛みがでてるのだと思います。
 でも、みぞおちの辺りの痛みは、妊娠中に起こる別の病気の時の症状でもあるので、念のために調べましょうね」と言いました。

その後、すぐに採血をして、検査結果を待合室で待っていました。
待合室で待っていたのは、1時間ちょっとです。
その時間がとても長く感じて、落ち着かなくてドキドキしました。

検査結果は、病気の心配はなく、やはり胃の圧迫が原因のようでした。全身脱毛 おすすめ サロン